スタッフブログ|鍼灸・整体・マッサージを行なうなら笹塚のせせらぎ鍼灸整骨院

各種保険取扱い / 交通事故診療対応

 03-5333-8820

予約優先制 急患も随時受付中 お気軽にご相談ください。
月・火・木・金 9:30〜12:30 / 15:00〜20:30
水・土 9:30〜12:30 / 15:00〜19:30

スタッフブログ

スタッフブログ

ブログ

■2023年02月02日(木)11:23  使い捨てカイロ
先週の大寒波から寒い日が続いていますね…

毎年寒さ知らずのはずだった私もここ最近は寒さに耐えられなくなってきました(*_*;

そこで使い捨てカイロ、使い始めました。

私が主に貼る部位は背中(みぞおちの裏らへん)とおへその下(^_^)/

姿勢を意識している私でもまだまだ丸くなってしまう背中。
筋肉の負担がかかりやすい部位に貼ると身体が疲れにくく、心地よく過ごせます!

おへその下に貼るのはお腹の冷え対策。

末端冷え性とは違い、内蔵型冷え性の私にはぴったりの場所です。

このおへその下の部位にはツボがあります。
(『丹田』というツボです。)

このツボは精気が集まり、気力を充実させるところだと言われており、ここを温めることで交感神経を刺激し基礎代謝が高まる効果が期待されています。

身体の冷えが気になる方は使い捨てカイロを貼ってみてください!!


当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0202202230.png 333×333 9K

■2023年02月01日(水)10:26  膝の痛み
こんにちは!せせらぎ整骨院です!

膝の痛みをマッサージで楽にしませんか?

歩き始めの膝の痛みや、膝のこわばり、慢性的な膝の痛みに、お悩みを抱えていらっしゃいませんか?慢性的な膝の痛みは、痛みに対する辛さだけに留まらず、精神的にも大きな影響を与え、生活の質を落とす原因になります。

そんな膝の痛みを抱える方におすすめしたいのがマッサージです。マッサージは膝の周りの筋肉を緩め、血流を促進して痛みやこわばりを軽減させる効果が期待できます。


膝の痛みはなぜ起きるのでしょうか?

膝の関節の中にある軟骨(半月板)が関節を包む膜(滑膜)を刺激することによって炎症が起こります。すると関節を守ろうとしてたくさんの液体(滑液)が分泌されます。これがいわゆる膝に水が溜まった状態です。この滑液は徐々に滑膜に吸収され、炎症も治まり痛みは消えていきます。

しかし、一度膝に炎症が起き痛みを感じると、周囲の筋肉を必要以上に緊張させて膝を守ろうとします。
これが膝のこわばりの原因となります。さらに、筋肉の過緊張により血管を圧迫し膝周囲の血流が低下します。

血流の低下は痛みを感じさせる物質を停滞させ、常に痛い状態を作り出します。

また、痛い状態が慢性化すると、脳が痛みを記憶して、少しの刺激に対しても過敏に反応し、痛みと捉えてしまう負のサイクルに陥ります。痛みはさらに筋肉を必要以上に緊張させます。

これが慢性的に膝の痛みが続くメカニズムです。

初期の痛みを放置すると、徐々に痛みのサイクルに陥ってしまうおそれがあります。膝の痛みを慢性化させないように、悪循環を断ち切ったり、予防したりすることが重要なのです。

膝の痛みを軽減させるためには、膝周りの筋肉の過緊張を緩めることが重要です。筋肉を緩めることによって血管の圧迫が解かれ、血液がスムーズに流れるようになります。

血液は栄養や酸素を細胞へ運び、老廃物や痛み物質を体外へ排出します。つまり、滞りのない血流が膝の痛みを軽減させるのです。そして、その方法としてマッサージをおすすめします。

マッサージは、さする、もむ、押す、たたくの手技を使って、皮膚表面からその下にある皮下組織やリンパ、筋肉へアプローチする療法です。マッサージを行うことによって筋肉の過緊張を緩め、スムーズに血液が流れるように手助けをしてあげることが重要です。痛みは放置せずに治療をして痛みを少しでも楽にし、
日常生活を快適に過ごせるようにしましょう!

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0201104717.png 333×333 9K

■2023年01月30日(月)18:42  腰痛シリーズ 仙腸関節性腰痛
こんにちは!!せせらぎ整骨院です!!
本日は毎週月曜日公開の腰痛シリーズ第5弾-仙腸関節性腰痛になります!


仙腸関節性腰痛の概要
仙腸関節とは骨盤と仙骨をつなぐ関節であり上半身と下半身をつなぐ土台となる関節。
仙腸関節周囲には多くの靭帯や関節包が存在し疼痛を感じやすい。仙腸関節は他の関節と異なり2〜3mm程しか動かない。

この関節が大きく動いてしまったり引っかかる(ロックする)ことで疼痛が誘発される。

疼痛の部位はヘルニアや脊柱管狭窄症よりも遠位で骨盤周囲。指1本で疼痛部位を押える、階段昇降や前後開脚で痛むなどが特徴的。
ワンフィンガーテストが陽性となり、仙腸関節の疼痛部位が上部と下部でパターンが分かれるためテストで見分ける。


評価/治療ポイント
【評価】
・仙腸関節の操作で疼痛が増悪/軽減する
・疼痛はPSIS周囲や腸骨/仙骨周囲に多い

【治療】
ニューテーションorカウンターニューテーションのどちらで疼痛が軽減可能かを見極める。

ニューテーションは仙骨前傾、上方・前方並進運動し、寛骨が外旋し、PSISが閉じます。
カウンターニューテーションでは仙骨後傾、下方・後方並進運動し、寛骨が内旋し、PSISが開きます。

▶︎ニューテーションで疼痛軽減:ニューテーション阻害因子を除去(ハムストリングス/大臀筋のストレッチ、腸腰筋の筋力強化など)

▶︎カウンターニューテーションで軽減:カウンターニューテーションの阻害因子を除去(腸腰筋/脊柱起立筋のストレッチ、大臀筋の筋力強化)


来週(2/6)月曜日は腰痛シリーズ最後の第6弾-心因性腰痛になります!
盛りだくさんでお届けしますので是非ご期待ください!

そして……
なんと…………………


!!!!!!新シリーズ配信決定!!!!!!



次の新シリーズの内容は次回のブログにて配信いたします!
忘れずににチェックしてください!


当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
              ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
500

■2023年01月28日(土)12:31  浮指ってご存じ?
皆さんこんにちは。せせらぎ整骨院です!!
今週はとても寒い日になりましたね。
まだまだ冷え込むと思うのでできるだけ身体を温めて乗り切りましょう!!

最近は足や下半身にスポットが当たることが多い気がします。
例えば「偏平足、外反母趾」「O脚、X脚」だったりです。
下半身は体の土台になっているところで非常に大事なところだと思います!

今日は「浮指」という足の状態についてお話します。
本来、直立で立った場合、足の裏は土踏まずを除いて踵から指先まで
地面についていなくてはならないのですが浮指の場合は足趾が
反ったり曲がったりで地面につかない状態の事を表します。

ほとんどが後天性で現れるので、歩き方の改善や足のトレーニング、
インソールの使用で改善がみられますが、放置をしてしまうと重大なことに
繋がってきます。

まずこの状態だと重心を支える足の面積が狭まるので、
体の重心線が後ろにずれていきます。そのずれを膝や骨盤、脊椎などで
バランスをとろうとするために不調が出てきます。

重心が後ろ寄りだなって方やしっかりと歩けている感じがしない方は要注意です!

当院では足の状態から全身の状態まで診てしっかりと不調の根本を
見つけていきます。
もしこの記事を見て「あれっ私は?」と思った方はお気軽にご相談ください!!


当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
              ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0128132351.png 333×333 9K

■2023年01月27日(金)12:27  タバコと慢性痛
こんにちは!せせらぎ整骨院です!

慢性痛を抱えていて、常日頃から痛みが出るという方に参考にしていただければと思います。

今回はタバコ、睡眠、運動について少しお伝えしたいです!


.織丱
タバコに関しては『健康増進法』が施行され、さらには受動喫煙が健康を害するとの議論がされています。
それ以来、タバコを吸う方の肩身は狭まくなり、喫煙をやめる方や紙タバコから電子タバコ(アイコスやグロー)に変える方も多いと思います。慢性痛に悩んでいる方、たばこはいけません。喫煙によって生じる一酸化炭素が組織から酸素を奪い、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させて、痛みを増強させます。たばこは、痛みに関してはひとつも良いことはしません。

⊃臾
睡眠は痛みを知るバロメーターと言われます。

睡眠に関しては、強い痛みのために「寝つきが悪い」、または「夜中に頻回に目が覚める」とされる方が多いです。睡眠は脳の毛様体賦活系の活動低下によってもたらされるが、痛みがあるとその部位が絶えず刺激を受けて、眠ることができなくなるのです。一方で、精神的な理由によって痛みを訴えられる「心因性疼痛(とうつう)」の患者さんでは、痛みのために目が覚めることはあまりありません。したがって、睡眠は痛みの原因を判別できるバロメーターと言えるのです。強い痛みがあり病院などで痛み止めや睡眠薬を貰った際には、決められた量を服用してぐっすりと眠ると良いです。

1親
マラソン中継などでランナーズハイという言葉をよく耳にしますが、これは一種の陶酔状態を指し、体内でモルヒネ様物質が分泌されることで起こります。慢性痛に悩んでおられる方にマラソンを勧めるわけではありませんが、15分間のジョギングで痛覚域値が約30%上昇することが実験的に確認されていることからは、適度の運動も必要となるということです。

※陶酔状態・・・気持ちよく酔ったような感覚

慢性痛に悩まされている方は「お酒はほどほどに、禁煙厳守、ゆっくりと湯舟に浸かって、ぐっすりと眠り、適度な運動を心掛ける」ことが大切になります。それほど痛みとの付き合い方は難しいということです。

慢性痛でお悩みの方ぜひご連絡ください。お悩みに合わせた治療を提案させていただきます。

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓

grp0127165815.png 333×333 9K

過去ログ 2013年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 02月 

せせらぎ鍼灸整骨院