スタッフブログ|鍼灸・整体・マッサージを行なうなら笹塚のせせらぎ鍼灸整骨院

各種保険取扱い / 交通事故診療対応

 03-5333-8820

予約優先制 急患も随時受付中 お気軽にご相談ください。
月・火・木・金 9:30〜12:30 / 15:00〜20:30
水・土 9:30〜12:30 / 15:00〜19:30

スタッフブログ

スタッフブログ

ブログ

■2023年11月28日(火)14:57  関節リウマチ
みなさんこんにちは、せせらぎ整骨院です。

みなさんは「リウマチ」について耳にしたことはありますでしょうか。

一般的に知られている「リウマチ」について触れていきます。

関節リウマチ ( 以下「リウマチ」)は、自己免疫疾患と考えられています。は、免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。進行すると、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活が大きく制限されます。また、炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に拡がることもあります。

リウマチのかかり始めには、熱っぽい、からだがだるい、食欲がないなどの症状が続いたり、朝方に関節の周囲がこわばることがあります 。その後、小さな関節が腫れ、やがて手首やひじ、肩、足首やひざ、股関節など全身の関節に拡がっていきます。

原因はわかっておらず、国の指定難病にされております。

0〜50歳代で発症した人が多く 、男女比では人口1000人あたり女性5.4人、男性1.1人と、女性に起こりやすい病気でもあります。

治療方法も確定されていないので、進行を抑えることが重要になります。

最初は手の指から始まり、徐々に全身の関節を破壊し脊椎の関節を破壊してしまうと脱臼が起きてしまい、脊髄を傷つけてしまいます。

もし上記の症状が当てはまることがございましたら、内科での受診をおすすめします。
関節リウマチは、血液検査で反応が出ることがあります。

関節リウマチでは早期の治療が大切です。

治療は薬物療法が基本であり、抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本として、症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤が用いられます。補助療法として、ステロイド剤やヒアルロン酸製剤の関節内注射が行われることもあります。リハビリテーション・理学療法も有効です。

手や足の周囲だけで比較的軽く経過する場合が多いのですが、長い間に全身の関節に炎症が進み、最後には関節やときには背骨の手術が必要になる場合もあります。
また、指の仲筋腱が断裂して手術が必要になることもあります。

当院では健康に対する相談も行っております。
気になることがありましたら是非ご相談ください。

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
      ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp1128153940.png 1181×1181 160K

■2023年11月27日(月)10:36  食べるもので冷え性対策
こんにちは!
せせらぎ整骨院です🦉

昨日、一昨日と寒い日が続きましたね😖
冬になると、よく聞く症状の1つとして『冷え性』があります。

冬の悩める冷え性を体の内側から改善してみませんか?
ということで今回は冷え性に効果がある食べ物をご紹介します。

まずはじめに、体を冷やす食べ物と冷やさない食べ物の見分け方です。

体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方にはいくつかの法則があります。必ずしもこれが全てに当てはまるというわけではありませんが、傾向をつかんでおきましょう。

育つ環境
寒い地方で取れる食べ物は体を温める傾向にあります。反対に南国など温かい地方が原産の食べ物は、体を冷やしやすいものが多いです。迷ったときは原産国や収穫地を参考に選んでみましょう。

旬の時期
冬が旬のものは体を温め、夏が旬のものは体を冷やしてくれる場合が多いです。特に夏の旬野菜である、トマトやキュウリ、ナスなどは体を冷やす野菜としてよく知られていますよね?「旬の食べ物を食べたほういい」とよく言われますが、体を冷やしたい季節、体を温めたい季節とそれぞれの旬の食べ物の効果がマッチしていることからも、とても理にかなっていますね。

発酵しているかどうか

発酵食品に入っている酵素は、体の新陳代謝を促して体を温めてくれます。大豆そのものは温める効果も冷やす効果もありませんが、発酵させて納豆や味噌、醤油などになると温める食べ物へと変わります。同様に牛乳もチーズになると温める効果が期待できます。また、日本酒や紹興酒が体を温めるのも、発酵して造るお酒だからです。

色、成分、味

色も見分ける目安になります。オレンジや黄色の野菜や果物は体を温め、白・緑・紫の食べ物は体を冷やします。暖色系は体を温め、寒色系は体を冷やすと覚えておくといいでしょう。ただし、暖色系でも体を冷やすトマトや柿のような例外もあります。

成分では、水分の少ないものやナトリウム(塩)を含むものは体を温め、水分の多いものやカリウムを含むものは体を冷やします。例えば、大根は冬が旬ですが、体を冷やす食べ物です。水分が多く、色も白に当てはまることから冷やす食べ物と見分けましょう。

味では、塩や醤油を使った塩辛さを感じるものが体を温め、酢を使った酸っぱさを感じるものや化学調味料を使ったものが体を冷やすということが分かっています。料理をする時は、素材だけではなく調味料にも気を配ることで冷え性改善に繋がります。

加工・精製方法によって変化
大豆が納豆や豆腐になるように、同じ食べ物でも加工や精製方法よって体を冷やす食べ物から温める食べ物に変わるものがいくつかあります。

南国が原産のフルーツはそのままでは体を冷やしやすいですが、ドライフルーツになると冷やしにくい食べ物になります。例えば、体を冷やすと言われる柿も干し柿にすると体を温める食べ物に分類されます。大根も切り干し大根にすると、体を冷やす食べ物ではなくなります。

また砂糖は、原料の生育地域や精製方法によって体への作用が異なります。
北海道で育つ甜菜(ビート・砂糖大根)から作られる甜菜糖は体を温めますが、沖縄など暑い地域で生育するサトウキビを原料とし、さらに精製された白砂糖は特に体を冷やします。同じくサトウキビからできている黒砂糖は、未精製でビタミンやミネラルが残っているため、体を冷やす作用は緩やかといわれています。

食べ物一覧表

体を温める食べ物(冬が旬、寒冷地で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品)

炭水化物…玄米、黒米、そば、全粒粉パンなど
肉…牛肉、豚肉、鶏肉
魚介類…赤身魚・青魚(まぐろ、あじ、いわし、えび、かになど)
野菜…タマネギ、カブ、カボチャ、生姜、自然薯、ニンニク、長ネギ、ニラなど
発酵食品…納豆、キムチ、チーズなど
調味料…味噌、醤油、黒酢、塩、唐辛子など
甘味…甜菜糖など

体を冷やす食べ物(夏が旬、南国育ち、寒色系、水分が多い)

炭水化物…白米、うどん、白パンなど
野菜…レタスやキャベツ、小松菜などの葉物、大根、タケノコ、トマト、ナス、キュウリなど
果物…梨、スイカ、メロン、パイナップルなど
乳製品…牛乳、バター、ヨーグルト、アイスクリームなど
調味料…酢、化学調味料など
甘味…白砂糖など

体を冷やす食べ物を賢く摂ろう

寒い季節に冷えたものが全て良くないというわけではありません。体を冷やす食べ物を摂ると良いこともあります。暖房などで体が乾燥したり、ほてりを感じたりするときは体を冷やす食べ物を摂るといいでしょう。濃い味のものや脂っこいものを食べたあとに、水分量の多い野菜や果物が欲しくなることがありますが、体を冷やす食べ物に分類されるものはデトックス効果も期待できます。体の要望に応えて適度に摂るといいでしょう。

以上が冷え性におすすめの食べ物でした!
是非!今日の晩御飯から食べてみて下さい😄
grp1127111036.png 1181×1181 160K

■2023年11月25日(土)11:34  広背筋!!
皆さんこんにちは。せせらぎ整骨院です!!

昨日は暖かく今日は寒い!寒暖差は12℃みたいですね。
こんな時期はお風呂で温まって身体をリセットですね!!!

本日は広背筋についてです。
名前の通り背中に広くついていて人体で一番面積の大きい筋肉です!

下位第6胸椎から第5腰椎にかけての棘突起、正中仙骨稜
腸骨稜の後方、肩甲骨の下角、第9(または10)〜12肋骨

から始まり

上腕骨小結節稜という腕に停まります。

大円筋という筋肉と一緒に肩関節の内転、内旋、伸展といった動作に関与し、
特に伸展動作では最も重要な役割を果たしています。

腕を手前に引くような動作ですね!

筋トレをしている方は「逆三角形」というボディラインを
目指したりしていますが、逆三角形は広背筋の発達によって作られます!!

ただこの広背筋上手く使えないと猫背姿勢を強くしてしまう可能性があります。
鍛える時は正しい姿勢でトレーニングし、同時にストレッチも行いましょう!!



当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp1125120756.png 1181×1181 160K

■2023年11月24日(金)16:31  体のSOS
こんにちは!
せせらぎ整骨院です🦉

今回は、前回の体のSOS第3弾

イ世襪気箏饌婀兇魎兇犬襦´Δい弔發茲蠕戸痛が辛い
についてです。

体のSOS最終回です。まだ見てない人は、前の投稿もご覧ください。

イ世襪気箏饌婀兇魎兇犬

だるさや倦怠感の原因はとてもシンプルです。忙しさや何かに追われている日々が続く中で重なる、睡眠不足や休息不足がこのような症状を引き起こします。

さらにこれらは、慢性化してしまうとなかなか抜け出すのが辛いもの。少しでも感じたら、早めの対策が大切です。

自分を労るリラックス時間を確保し、軽いストレッチやツボ押しをした後、しっかり睡眠をとると少しずつ改善に向かうはず。アロマを炊く、コーヒーを入れる、など、自分なりに心が安心するスイッチを持っておくとなお良しですね。

Δい弔發茲蠕戸痛が辛い

生理痛をそのまま放っておくのは禁物。「いつもより生理痛がひどいな」と感じたら、冷えによる血行不良やホルモンバランスの乱れなどが主な原因として考えられます。

特に、生理中の体に冷えは大敵です。冷たい飲み物を摂りすぎていないか、薄着で過ごしていないかなど、基本的な生活習慣を見直してみてくださいね。

まずは、カイロを貼ったり湯船に浸かるなどして体を温め、心身ともにほっと和らぐ環境を作りましょう。

なかなか改善がみられない場合は、速やかな医療機関の受診をおすすめします。生理痛などの症状は、今後も付き合っていく可能性が大いにあり、将来にも関わる大切な体のサインですのでほったらかしにするのは止めましょう。

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp1124184522.png 1181×1181 160K

■2023年11月22日(水)10:02  風邪予防
こんにちは!
せせらぎ整骨院です。

急に寒くなってきて風邪をひく人が増えている気がします。

今回は、風邪をひかないようにする対策とおすすめの
食べ物を紹介したいと思います。

風邪をひかない体づくり

その1 温度と湿度をコントロールする

冬に空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜が乾燥して体の防御機能が低下してしまいます。体の防御反応が低下すると、ウイルスに感染しやすくなります。また、夏場の冷房や冬の寒さなどで体が冷えると、血液循環が悪くなり繊毛運動が弱って、ウイルスが侵入しやすくなります。室内の温度や湿度を適度に保って、感染しにくい環境を整えましょう。

その2 十分な栄養と適度な運動

偏食を避け、バランスよく栄養をとることが大切です。風邪(かぜ)の予防効果を高めるためには、体の免疫システムに欠かせないビタミンCと体のエネルギー産生に必要なビタミンB1群、鼻やのどの粘膜を強化する働きのあるビタミンB2、B6を多くとることがポイントです。アミノ酸の豊富な動物性たんぱく質を食事に取り入れるのも効果的です。ウォーキングや水泳、ヨガなどの適度な運動で風邪(かぜ)に負けない体力をつけて、免疫力を高めることも大切です。

ビタミンC 主な食べ物 みかん、いちご、ブロッコリー、ほうれん草、赤ピーマン、緑茶など 

ビタミンB1 主な食べ物 牛乳、肉類、大豆、大豆加工食品、緑黄色野菜など

ビタミンB2 主な食べ物 牛乳、粉乳、レバー、卵、肉類、納豆、緑黄色野菜など

ビタミンB6 主な食べ物 レバー、肉類、マグロ、卵、ニンニクなど

その3 薄着の習慣をつくる

厚着の習慣は体温調節の能力を低下させ、抵抗力を弱めてしまいます。寒いと感じるほど薄着をする必要はありませんが、薄着にすることで気温の変化に皮膚や粘膜が順応できるよう鍛えましょう。また、温度差の大きい屋外と室内の気温に合わせて、こまめに衣服の脱ぎ着をすることを心がけましょう。ただし、体調がすぐれないときや風邪(かぜ)にかかったときは必ず温かい恰好をしましょう!
温かい格好で保温に努め、発汗したときは速やかに着替えましょう。

今年はインフルエンザの流行が早いです。
年末に実家に帰るかたは、免疫力を上げて感染しないようにしましょう!!

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓

grp1122110114.png 1181×1181 160K

過去ログ 2013年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 

せせらぎ鍼灸整骨院